夏野菜麻婆豆腐

卵・大豆製品

麻婆豆腐はたんぱく質が豊富にとれ、トレーニング後にもおすすめです! なすは体の熱を冷ます効果があると言われており、夏に最適な野菜となっております。 そして、なすピーマンどちらも油で炒めて摂取することにより、旨味が増したり、栄養を効率よく摂取することができます。 香辛料や旬の野菜をうまく活用し、残りの暑い時期を乗り切りましょう♪

夏野菜麻婆豆腐
栄養価1人分
エネルギー
267kcal
糖質
13.1g
たんぱく質
20.9g
脂質
11.8g
食塩相当量
3.5g

材料(2人分)

豆腐 1丁
なす 2個
ピーマン 3個
鳥胸ひき肉 100g
長ネギ 20g
140ml
豆鼓 小1
水溶き片栗粉 大1
ラー油 適量
【A】にんにくチューブ 1cm
【A】豆板醤 大2
【A】甜麺醤 大1/2
【A】赤唐辛子の粉 小1/2
【B】鶏ガラスープの素 小1/2
【B】醤油、酒 大1ずつ

所要目安時間:15分

作り方

1

【下準備】
・長ネギをみじんぎりにしておく。
・なすとピーマンは食べやすい大きさに切っておく。

【下準備】<br />
・長ネギをみじんぎりにしておく。<br />
・なすとピーマンは食べやすい大きさに切っておく。

2

フライパンに油(分量外)をひき、なすとピーマンを炒める。なすに焼き目がついてきたらフライパンからあげる。

フライパンに油(分量外)をひき、なすとピーマンを炒める。なすに焼き目がついてきたらフライパンからあげる。

3

手順2のフライパンで、ひき肉を炒める。色が変わったら、火を止め【A】を加えて加熱する。混ざったら水を入れる。

手順2のフライパンで、ひき肉を炒める。色が変わったら、火を止め【A】を加えて加熱する。混ざったら水を入れる。

4

別の鍋に水を沸騰させ、塩(分量外)を入れ、豆腐をゆでる。弾力がでてきたら引き上げる。

別の鍋に水を沸騰させ、塩(分量外)を入れ、豆腐をゆでる。弾力がでてきたら引き上げる。

5

手順3に手順2と手順4、【B】を入れ、中火で加熱する。温まってきたら、豆鼓を入れ1−2分加熱し、馴染んだらネギを入れる。

手順3に手順2と手順4、【B】を入れ、中火で加熱する。温まってきたら、豆鼓を入れ1−2分加熱し、馴染んだらネギを入れる。

6

水溶き片栗粉を2−3回に分けて入れ、最後は強火にしラー油を回し入れたら完成。

水溶き片栗粉を2−3回に分けて入れ、最後は強火にしラー油を回し入れたら完成。

Tips

・今回は夏野菜なすとピーマンを使用しましたが、ししとうやズッキーニなど他の野菜も使用可能です。
・豆鼓はなければなしでも可能です。

宮崎 由望

■監修者プロフィール

監修者:宮崎 由望

保有資格:管理栄養士

自身で行った-7kgのダイエット経験を活かし、美容痩身クリニックの食事指導を行い、その後パーソナルトレーナーとして活動中。趣味はお菓子作りであり、食べても太りにくい低糖質スイーツを日々試行錯誤を行い作成。また飽きやすいダイエット時の食事を楽しいものにできるような、レシピを考えていきます。

経験豊富なトレーナーが食生活を
しっかりサポート!
まずはご相談ください!